オススメの狩猟本

書評 『ぼくは猟師になった』 現代の猟師のリアルな姿

本日ご紹介するのは『ぼくは猟師になった』という千松信也氏の本です。ピンクとグレーの表紙がポップで、タイトルも堅苦しくなく、文章自体もシンプル&丁寧で取っつきやすい猟師本ですが、“リアルな猟師の姿” という意味ではかなり生々しい本なのです。

続きを読む

書評『邂逅の森』 明治のマタギが見えてくる小説

猟師やマタギについての本を色々読んでいますが、今回ご紹介するのは熊谷達也氏の小説です。

小説といえども、資料としてバカにできないものでして、むしろ小説だからこそ、マタギに関する情報だけではなく、風土・文化・風俗などが積み重なり、当時の情景が浮かび上がるという面があります。

続きを読む