Category: オススメの狩猟本

猟をしている人、これから始める人にオススメしたい本たちです。

書評『サバイバル登山入門』考え方はもちろん、山歩きの入門書としても勉強になる

服部文祥氏といえば登山系の雑誌などでよく名前を拝見する、有名な「サバイバル登山家」です。 サバイバル登山とはなにか? ここをちゃんと理解できると、この本を含め、彼がやろうとしている「サバイバル登山」というものの魅力が良く分かるのではないか、(続きを読む)

書評『山賊ダイアリー』 猟師を軸にしたサザエさんのようなマンガ

1番知られている猟に関する本と言えば、『山賊ダイアリー』ではないでしょうか。 イブニングという雑誌で連載されており、猟に興味がある人もない人も読んでいるわけです。 わたしも興味があったので読んでみたら、おもしろかったので、ご紹介します。

書評 『マタギ——森と狩人の記録』 時代の経過を記録する本

本日ご紹介する『マタギ——森と狩人の記録(田口洋美)』は、マタギというひとつの歴史を刻むすばらしい資料だと感じました。これからマタギについて勉強しようとする人のための本とは言いがたいですが、これまでいろいろ読んできた人ならきっとおもしろく読(続きを読む)