アマチュア無線

ハンディ無線機にマイクとイヤホンをつけてみた

先日、書いたように狩猟でハンディ無線機を使う場合、イヤホンは必須だろうと思います。

参考:狩猟用にはハンディ無線機だけじゃだめ? いろんなタイプのイヤホンマイク

いろいろ考えましたが、わたしもイヤホンを購入しましたので、ご紹介します。

買ったのはこれ

 

それぞれ簡単にご紹介します。

スピーカーマイク Standard MH-57A4B

Standard社の純正品です。純正でなくてはならない、なんてことはないのですが、とりあえず純正品で不満がなかったのでこれにしました。

購入の際に気にすべきポイントは適合モデル・防水性・イヤホンジャックの有無の3点です。社外品もあるようですが、適合しないと使えませんので、注意しましょう。

また私が持っているStandard VX-6の純粋スピーカーマイクは2種類あって、わたしが買わなかったモデルは防水、こちらは防沫です。つまり水しぶきがかかるくらいならOKだけど、水の中に入れたらダメよ、ってこと。

なぜこちらを選んだかと言えば、イヤホンジャックがあったからです。防水モデルはイヤホンジャックがないため諦めました。恐らくイヤホンを使ったときに防水性を保てないのだと思います。そういう意味では、イヤホンジャックがあって、しかも防沫構造なのは合格点なのかな、と思います。

 

余談)先日『ハンディ無線機を車の中で使うために知っておくべきこと』でも書きましたが、車中でハンディ気を使う場合、こういうスピーカーマイクをつ買う必要があります。そういう意味では狩猟だけではなく、車でも使えるのでスピーカーマイクは買っておいて良いアイテムだと思いますよ。

ハンディ用イヤホン DEH17

こちらはダイアモンド社のイヤホンです。マイクはついていません。

イヤホンは何でもいいと思うのですが、狩猟で使う場合、片耳用のイヤホンにしたかったので、これにしました。2つの点でこのイヤホンをすごく気に入っています。

1. クリップ付き

まずはクリップ付きであるということ。洋服の襟にでもつけておけばイヤホンのケーブルがブラブラしなくていいと思います。

2. 耳掛け式

また、よく見ると、透明のチューブがクルッとしていて、そこを耳にかける仕組みになっています。

これが結構耳に優しくて、しかも落ちにくいので良いですね。

 

合体

で、全部を繋ぐとこうなります。

うーん、邪魔くさい笑

でも、必要なものなので、うまく工夫して快適に使いたいですね。

4アマ活用! 交信に必要な基本知識は持っておきたい!

アマチュア無線4級の免許を取得し、ハンディ無線も手に入れました。

さて、4アマの免許を手に入れたのはもちろん狩猟で仲間と連絡を取り合うためです。

が、しかし、ですね。せっかく無線という新しいツールを手に入れたので、一般的な無線の使い方もちゃんと理解しておきたいという気持ちがあります。というわけで、今日はわたしなりに「一般的な無線の使い方」や「超基本的な用語」をまとめていきたいと思います。

続きを読む

ハンディ無線機を車の中で使うために知っておくべきこと

巻き狩りではチームのみんなと連絡を取り合うためにハンディ無線機が必要です。

これは山の中に入ってからはもちろんですが、車と車で連絡を取り合うような場面でも役に立つそうです。犬が遠くに行っちゃったときに車で追ったりとか……。

「ハンディ無線機があるから、べつに問題ないよ」

と言いたいところですが、実は車内でハンディ無線機を使う上で知っておくべきこと、あるいは用意しておくべきことがあるようです。

そのへんを調べてみたので、まとめてみます。「こんなことも気をつけた方がいいよ」「こんな用意をした方がいいよ」というご意見も大歓迎です。

続きを読む

狩猟用にはハンディ無線機だけじゃだめ? いろんなタイプのイヤホンマイク

先日書いたとおり、巻き狩り用にハンディ無線機を購入しました。まだ開局申請が済んでいないので、正式には手続き完了ではないものの、後は開局申請がおりるのを待つばかり。

——と言いたいところですが、無線絡みであと1つだけ気にすべきことがあるようです。

それがマイクとイヤホン。何を買うか考えてみましょう。
続きを読む