年末のご挨拶と来年に向けての抱負的なあれ

最終更新日

年末です。今年も1年ありがとうございました。

今日はその感謝を込めてのご挨拶ですと、来年のこともちょっと。

出版の年

このブログやTwitterを見てくれている方々のおかげで、本を出版することができました。

 

本の出版は何かのゴールではありませんが、1つの大きなステップと言いますか、節目になりそうな大イベントでした(実際書くのは大変だった)。

書いたからには書いて終わりではなく、多くの人に読んでもらいたいし、書いた結果「もっと書きたい」とも思いました。あれだけ書いても書き足りないもんなんですね。

はっきり言えば、またそのうち本は書きたいもんです。体験談的なものだけではなく、他のスタイルの本もおもしろそうですね。いくつかアイディアもあるので、そのあたりを向こう数年かけて熟成させていきたいです。

 

狩猟は黙々と取り組みたい——発信と狩猟

あと、ここ最近思っていたことですが、狩猟と発信のバランスが最近取れてきたかなと思い始めています。

1〜2年目は「発信もしないと!」と結果力を入れて発信していましたが、いまは狩猟は狩猟で黙々と取り組んで、終わってから「さぁ、発信も!」と切り替えてやれています。このバランスがとても心地よいです。

というのも、前は狩猟中も「あ、これを発信しないと」などと、書くことを前提に行動していたような節がありました。でも、今は狩猟中に狩猟にだけ集中。その代わり車に戻ったときに、バーッとメモを取って書くための材料は記録する。そういう切り替えがうまくいっています。

前以上に狩猟にどっぷりと集中して取り組めて楽しいです。

この姿勢は来年以降も貫きたいところです。

 

ブログで何を発信するか?

これは今後も変わらず。自分の体験談です。それこそがブログのおもしろさだと思っているし、実際、自分にとっても「去年の自分の考え」などを読み返せるのはありがたいんで。

前に「なんのために発信しているのか?」という趣旨の質問を受けたことがあります。

ひと言で言えば、自分の考えをまとめるためです。たとえばある道具の紹介をする。その道具の強み弱みを考える。記事にしようと思うと必死に考えるので、すごく整理されるんですよ。書いている過程で「あ、もっとこうすればいいじゃん」とか気が付くことも多いもんです。

そして書いた物に対して「こうするのもありだよね」といろんな意見が飛び交うのもありがたく、おもしろいもんです。自分では考えもしないようなアイディアを教えてもらえることも多々。

もちろん自分の書いた物に対して「参考になったよ」という声が聞こえてくると、かなり顔がほころびます。たまらない瞬間の1つです。

うん、実際のところ、続けていける1番の理由は、この「参考になったよ」の声ですね。間違いない。

 

来年もこの調子でがんばっていきます

要するに来年もマイペースにやっていきます、ということです。

楽しくやりましょう。

ぜひ来年も暖かく絡んでやってください。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする