単独猟での荷物についてアレコレ

最終更新日

豊和精機さん(@HowaSeiki)の質問箱を見ていたら、「山に入り猟をするのに必要な最低限の荷物は?」という趣旨の質問がありました。

なかなかおもしろいお題かな、と思ったのでわたしなりに考える「山での猟で必要な最低限の荷物」をツラツラ書いてみようと思うのです。

意外と難しい「最低限の荷物」

極論を言えば「鉄砲と弾」があれば、猟はできます。

言ってみれば、これ以上の道具は「状況・スタイルによって必要性が変わってくる」と言えると考えます。

たとえばナイフ。「山に入る者として、最低でも1つのナイフは持つべき」と言いたいところですが、入山地点から離れず、獲物が獲れたら車に引きずり下ろすだけだし、止め差しは必ず鉄砲でやると決めているならナイフさえ不要です。解体場所にあれば良いわけですから。

とはいえ、血抜きをするならナイフはやはり必要でしょう。

 

——とまぁ、何が言いたいかというと、本当に「スタイルによる」ってこと。万人に共通する「最低限の荷物」なんて、本当に鉄砲と弾くらいじゃないかな。

 

わたしのスタイルで考えてみる

というわけで、万人向けの「最低限の荷物」はもう諦めて、わたしのスタイルを軸に考えてみたいと思います。

 

わたしのスタイル

  • 大物の単独忍び猟
  • 一度山に入ったら猟を終えるまで車には戻らない
  • 日帰りが基本

ってな具合です。このスタイルの中で考えていきます。

 

単独忍び猟の最低限の荷物

まず最低限レベル1。本当に最低限にするなら……

  • 鉄砲・弾・許可証
  • ナイフ(刃渡り10cmくらいのナイフがあればOK)
  • 飲み水
  • 行動食なり、食料なり食べるもの

 

最低限レベル2。上記に加えて……

  • 地図・GPS的なもの
  • ライターなどの火の元
  • ファーストエイドキット
  • 双眼鏡

 

最低限レベル3。さらに……

  • ゲームバッグ(獲物の肉を入れる専用の袋)
  • ロープ類(獲物を引きずったり、急斜面で肉を下ろしたり……)
  • スマホの充電器関係

 

なんて具合でいかがでしょうか? なんか入れ忘れているものがありそうな気がしますが、わたしも上のレベル3までは持ってますね。あとはナイフが2本あったり、飯ごう的なものを1つ携帯していたりします。その辺は趣味のようなレベルかも。

ハチミツや紅茶のティーバッグなんかも持っています。山の中で疲れ果てたとき鍋で湯を沸かして、ハチミツ入りの紅茶でも作れば気分は上々。山やっている人はこういう「自分を甘やかすアイテム」を1つ2つ持っているような気がしますね。

 

自分なりの道具を知る方法

で、わたしは上に挙げたようなものを持っていくわけですが、これが万人に勧めるわけじゃないんです。

で、どうすれば “自分なりの道具” を見つけられるかというと……山に行くしかないんです。

これから猟を始める人はぜひ猟期前に山に行ってみてください。しかも猟をするつもりで行ってみてください。

自分が何時間くらい歩けるのか? 荷物多すぎませんか? そのせいで行動が制約されていませんか?

使わなかった荷物がありませんでしたか?

「あーあれがあればなー」と思うものありませんでしたか?

そういう体験を経て、荷物を調整して、また山に行ってみれば良いんです。山に行くのが1番だと思います。

 

実は、これがわたしの言いたかったことです。

他人に「最低限の荷物は?」と聞いても、自分に合った答えが帰ってくるとは限らないもんです。もちろん参考になるので聞くのは悪いことではないですけどね。

経験者のかたで、「これは欠かせない」って道具ありますか? ぜひ教えてください。


また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。応援のつもりでお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ


狩猟やってます。ひとりで歩き獲物を追う単独忍び猟が好き。狩猟系ブログ《山のクジラを獲りたくて》運営。狩猟系の本を集めるのが趣味。雑誌『狩猟生活』『ガンズ&シューティング』に寄稿し始めました。 ヤマノクジラショップ始めました:https://yamanokujira.theshop.jp

シェアする