秀岳荘のゲイターを防水化するためにワックスを塗ってみた

  • Pocket

お気に入りになった秀岳荘のゲイターですが、防水ではありません。そこでワックスを塗り込んで防水化してみました。

先日もご紹介した秀岳荘のゲイター(参考:秀岳荘のゲイターを山で使ってみたら想像以上の安心感でした)ですが、唯一の惜しい点は防水ではないこと。

わたしが猟をやる地域ではあまり雪は気になりませんが、朝露はあります。歩くと足下だけしっとり濡れてくるものです。だからすっごい高い防水性が必要なわけではないですが、ある程度はほしいというわけ。

Twitterで「ワックス塗ると良いよ」と教わったので、さっそくやってみましたよ。

使用したワックス

今回使用したワックスはこれです。オススメしてもらったのがこれなのです。

使い方は簡単で——

  1. 固形ワックスを塗りつける
  2. アイロンをかけて溶かし込む
  3. 求める防水性能によっては1〜2を繰り返す

ってな感じ。さっそくやっていきましょう。

ゲイターを用意

まずはゲイターを用意します。前に使って汚れていたので、表面をキレイにして、乾燥させました。

ワックスを用意

ワックスはまさに固形石けん。

塗る!

説明には「薄く塗る」とのことですが、なかなかうまくいきませんね。上の写真は塗った後の写真ですが、線ができているのが見えます。このあと段々慣れてきて、少しは良くなりましたが、やっぱりキレイに塗るのは難しいですね。

もしかしたら、アイロンでゲイター自体を暖めてから塗った方が塗りやすいかもしれません(わたしは後半そうしました)。

アイロン掛け

アイロンをかけるとスーッとワックスが液状化して行くのが分かります。上の写真がアイロン掛けした直後。先ほどの写真の通り、塗った直後は白く跡が残っていましたが、アイロンをかけるとすぐさま消えていきます。

(アイロンは弱でかけます)

わたしはこのあともう1度ワックス掛けをしました(計2回)。

水をかけてみます

2分くらい水をかけてみました。

バッチリ水を弾きます。さすがワックス!

裏も見てみましょう。

この通り、水は浸水していません。

秀岳荘ゲイターの防水化!

というわけで、これで秀岳荘ゲイターの防水化ができました。

あとは使いながら、防水性に不満を感じたら塗り直していけば、いつでも高い防水性を保てます。

このゲイターがまた好きになりました。

また、おもしろいと思ったらこちらをクリックしていただけると、ランキングが上がります。どうかお願いします。
ブログ村へ
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ




Twitterではブログ以上にあれこれ模索の様子を呟いていますので、興味があればフォローをお願いします。
Twitter @yamakuji_jp

  • Pocket

SNSでもご購読できます。