猟銃

銃購入日記7:初めての銃砲店。そこで聞いた銃の話

さて、銃所持許可への道のりが少しずつ近付いてきました(筆記試験終了! これから射撃教習です)。

そこで、実際に銃砲店に行って、生の情報を聞いてみることに!

初めての銃砲店。そこはどんなところなのでしょうか? またどんな話を聞けるのでしょうか?

続きを読む

銃購入日記6:ボルトアクション式散弾銃を比べてみる(サベージ・ミロク・ブローニング)

先日、「もし自動銃を買うなら」ということで、自動銃の定番(っぽいもの)を数丁並べて比較してみるという記事を書きました。

今日は「もしボルトアクション式の散弾銃を買うなら」ということで、ネットで定番を調べてみたので、ちょっと比較しつつ、お勉強したいと思います。

毎度のことながら「銃所持許可を持たないわたしが書く戯れ言」です。間違っていることもあるかと思います。気軽にツッコんでください。

続きを読む

わたしがやってみたい猟のスタイル5選

わたしが狩猟を始めようと思い立ったとき、頭に浮かんでいた狩猟と言えば《単独忍び猟》でした。

銃を持って山中を歩く。獣の気配を探す。追う。見つける。撃つ。

そういう姿を思い浮かべて狩猟と呼んでいたように思います。

しかし実際に狩猟について勉強したり、いろんな狩猟ブログや書籍なんかを見ていて、たくさんのスタイルの狩猟があって「どれも魅力的だな」と思うようになってきました。

今日は、わたしが興味のある狩猟スタイルを挙げつつ、その魅力を考えてみたいと思います

※ 言うまでもなく、まだ狩猟を始めてもいないので、すべて想像と妄想と知ったかぶりです。

続きを読む

銃購入日記5:主要な自動銃を比べてみよう(レミントン・ベレッタ・ブローニング)

最初の1丁として、自動銃を買うと決めたわけではありません。しかしぼんやりと悩んでいても仕方がないので「もし自動銃を買うなら」と想定して、主要な銃を比較してみることにしました。

まぁ、実際のところ、悩んでいると言うより、こうして眺めているのがおもしろいだけなんですけどね。

続きを読む

銃購入日記3:散弾銃カタログを見るときに役立つスペック用語を勉強(基本編)

銃のカタログを眺めていても、いろんな記号や数字が並んでいて、なにも知識がないとまったく頭に入ってきません。また、その意味だけ分かっていても、それがどう自分の銃選びに影響するのかが分からなければ、結局、分かっていないとの一緒。

今日は銃カタログの読み方を勉強して、まとめていこうと思います。

自分のお勉強の記録なので、突っ込みどころがあったら教えてください。

続きを読む