狩猟

書評『黄色い牙』エンタメ性が高く、風刺も効いている小説でした

狩猟系の本、特にマタギに関わる本は見かけたらできるだけ読むようにしています。

最近読んだのは『黄色い牙』。書いたのは志茂田景樹氏。直木賞受賞作ということで、注目度の高い1冊なのですが、お恥ずかしい話、この本の存在を知ったのは最近のこと。

とってもおもしろかったので、マタギ・狩猟系の小説に興味がある人はぜひ読んでみてください。
続きを読む

コール猟に憧れてシカ笛を買った話と、リアルな鹿の鳴き声動画のご紹介

わたしが今から楽しみにしていることのひとつが秋頃のコール猟

いわゆるシカ笛でシカを呼び寄せる猟です。

少し練習しようとシカ笛を購入しましたので、そちらのご紹介します。また良い機会なので、いろんな鹿の鳴き声をまとめておきます。練習材料にしたり、山でのシカ探しの材料にどうぞ。

続きを読む

はじめてスパイク付き長靴を使ってみた感想

狩猟用の靴といえば、人によって好みが分かれるところのようですね。

登山靴を使う人、足袋を使う人、スパイク長靴を使う人、あるいはハンティングブーツって靴もあり、どれがいいのか分かりません。自分なりにいろいろ考えて、最初の猟期はスパイク長靴にしてみることにしました。

お試しがてら、さっそく山を歩いてみたので、ファーストインプレッションをまとめてみます。

続きを読む

過去最高の猟場歩き、初めて「狙って出会えた日」でした

これまで何度も猟場歩きをしてきましたが、基本的に獲物との出会いは運任せでした。自分なりに出会える確率を上げる努力はしていたつもりでしたが、結局は予想外のタイミングでシカに遭遇し、「え? そこにいたの!?」って驚かされるばかり……。

でも今日は違いました。

シカがいるとしたら……、と考え、実際にそこに行き、計画通りに出会えちゃいました。

その辺も含め、本日の猟場歩きの様子をご覧ください。

最後のオチも……。

続きを読む

わたしが猟友会に入会し、駆除の従事者証を手にし、猟隊に入れてもらうまでの流れ

猟友会ってどうやって入るの? どこに申請すればいいの?

猟銃所持許可をGETして、狩猟免許も無事に手に入れ、あとは猟期を待つばかり……と言いたいところですが、実際のところ猟友会への入会や猟隊に混ぜてもらうという最後のステップが残っています(どちらも必須ではないですが)。

わたしがどういう流れで入れてもらったかをまとめておきたいと思います。

(こればっかりは人によって違ってくると思うので、あくまで一例としてご理解ください)

続きを読む

『父と息子の教科書』男なら知っておきたいことのオンパレード

久しぶりのアウトドア系書籍の紹介です。

今日ご紹介するのは齋藤令介氏の『父と息子の教科書』。父が息子に伝えなければならないアレコレをまとめてあります。

これがいろいろ的を射ており情報としてまとまっていることもさることながら、全体的にとてもロマンチックな1冊になっています。

続きを読む